エレベーターリニューアルのESTEM。ESTEM(エステム)は商標です。

建築基準法に適合可能な耐震リニューアル

あなたのマンションやビルは
「既存不適格」になっていませんか?

平成24年の東日本大震災により、安全性を確保するために、建築基準法は大きく見直されることになりました。そのため、建築基準法が改正される前に設置されたエレベーターは新たに定められた法令の規定に適合しない場合があります。

こうした物件は「既存不適格」と判定されます。
現在は移行期間ということもあり、現行の法律では、建築基準法改正以前に設置されたエレベーターは、既存不適格でも使用することができています。

ただし、もしもの時の地震に備えて、耐震リニューアルをおすすめします。

建築基準法の改定によるエレベーターの安全基準

1.戸開走行保護装置の設置の義務付け(ブレーキの二重化)

エレベーターのかご・昇降路のすべての出入口の戸が閉じる前に万が一かごが昇降したとき等に自動でかごを止める安全装置の設置が義務付けられました。

img_s1 扉が開いたままエレベータが走行した時、すぐ停止させることによって挟まれ事故などの人命に関わる重大事故を防ぎます。

img_l1

2.地震時管制運転装置の設置の義務付け

地震の揺れをいち早く検知し自動的にかごを最寄り階に停止させ、扉を開けることでエレベーター内への閉じ込め事故を防ぐ安全装置の設置が義務付けられました。

img_s2 地震の初期微動を感知した時に、エレベータを最寄り階で停止させドアを開けることで、人々のエレベータ内の閉じ込めを防ぎます。

img_l2

3.各種耐震対策の施工の義務付け

地震時管制運転装置以外にもエレベーターの安全対策の強化を図るため耐震対策基準が強化・明確化されました。

img_s3img_l3