エレベーターリニューアルのESTEM。ESTEM(エステム)は商標です。

ヘリポート用エレベータ

緊急医療の発達とともに需要のふえているヘリポート用エレベーター

近年、緊急医療の発達とともに、救急病院での需要が大きく伸びているヘリポート用エレベーター。
ヘリコプターで運ばれてきた患者さんを、水平を保ちながら、安全かつ迅速に治療室へと搬送するのがヘリポート用エレベーターの役目です。
ヘリポートは、常時は突起物のない平面でなければならないため、エレベーターの昇降路を設置することができません。
そこで開発されたのが患者搬送時にのみ天井部が開き、エレベーターのカゴが現れるしくみのヘリポート用エレベーターです。

筑波メディカルセンター病院(茨城県つくば市)


病院外観
建物最上階での乗り換えなし。治療室フロアまでノンストップ。
2004年3月、茨城県つくば市、筑波メディカルセンター病院のヘリポート用エレベーターが完成しました。
ヘリポート用エレベーターは、一般的にヘリポートから建物最上階までのもので、搬送された患者さんは、いったん建物最上階で建物内エレベーターへ乗り換えなければなりません。 しかし、このエレベーターでは、ヘリポートから乗り換 えなしで、直接治療室フロアまでノンストップで降りることのできます。このような、建物最上階での乗り換えなしのタイプは、日本初のエレベータとなります。


エレベーターがゆっくりと上昇してヘリポートフロアに現れます。

[シミュレーションの様子]

4月24日、ヘリポート用エレベーター完成の竣工式が行われまし

  • 患者さんを乗せたヘリコプターがやってきました。
  • ヘリポートに無事着陸。
  • エレベーターがゆっくり現れます。
  • 患者さんを搬入します。
  • カゴが治療室の階へ降りて行きます。
  • 役目を終え、帰っていくヘリコプター。


乗場とカゴ内(寝台用タイプのエレベーター)

岡山大学医学部・歯学部附属病院(岡山県岡山市)

当大学病院新棟向けのヘリポート用エレベーターが、建物完成を前に完成しました。
このエレベーターは、従来型のヘリポートと建物最上階をつなぐエレベーターです。このタイプでは、ヘリポート階でエレベーターに乗り、階段等を使用することなしに、建物内へ入ることができます。 建物最上階で、建物専用のエレベーターに乗り換え、治療室フロアへ搬送します。


左)建築中の新棟の一部。屋上の上に設置されているのがヘリポート。
中)ヘリポートに現れたエレベーター(正面)
右) 同上 (側面)